お知らせ

一般社団法人 しこくソーシャルデザインラボ(SoLab.)法人休業のお知らせ

更新日:2018/03/30

2015年7月に活動を開始し、これまで2年9ヶ月に渡って徳島県内を中心に活動を行ってきた一般社団法人 しこくソーシャルデザインラボ(SoLab.)ですが、この2018年3月末を持ちまして、いったん活動を休止することとなりました。
これまで私たちの活動を支援してくださったみなさん、またイベント等にご参加・ご協力いただいたみなさんに、こころより御礼申し上げます。

SoLab.は、「未来が生まれる場づくり」をミッションに、徳島県内外において数多くのフューチャーセッションやファシリテーターの育成、また地域創生人材の育成などの事業をこれまで行ってきました。
なかでも、徳島県次世代育成・青少年課からの委託事業として行った「とくしま若者フューチャーセッション」事業では、3年間で11回のフューチャーセッション及び成果報告会、そして4回のファシリテーター養成講座を実施。のべ約300名の若者を中心とする参加者とともに、とくしまの未来を描き、提案してきました。
また、徳島県産業人材育成センターの委託によって実施した「地域活性化コーディネーター育成事業」では、3年間で13名のみなさんに3ヶ月〜5ヶ月の地域雇用型訓練を実施させていただきました。
その他、社会教育や協働まちづくり、コミュニティビジネスなど様々なテーマでワークショップのデザインやファシリテーションのご依頼をいただき、数多くの「未来が生まれる場づくり」に県内外各地で携わる機会をいただきました。

こうした対話や協働の場づくりのニーズは、行政や企業、また住民によるまちづくりなど各方面で高まっていることを私たちも肌で実感しております。
しかしいっぽうで、私たち運営メンバーもそれぞれの本業を持ちつつの活動で、こうした法人を運営していくことはなかなかに体力的に厳しく、ここでいったん法人としてはお休みさせていただくこととなりました。
今後もそれぞれがソロ活動として、ときにチームで、それぞれの現場で「未来が生まれる場づくり」としてのフューチャーセッションやファシリテーションの活動を続けていきます。そうした場づくりのご用命がありましたら、ぜひ個別にお声がけいただけると幸いです。

末筆となりましたが、これまでSoLab.の活動に様々にご支援・ご参加いただいたみなさんにこころからの愛と感謝をお送ります。みなさんとの絆なしには、私たちは1日足りとも存在できませんでした。みなさんとのつながりを、これからもずっと、そして大切に紡いでいければと、切に願っています。これまで、本当にありがとうございました!

2018年3月30日
一般社団法人 しこくソーシャルデザインラボ
代表理事 佐野 淳也


«
TOPへ戻る